サイト内検索

DADiSP / MatrixXL

opmd027_matxlwslg.jpg

行列演算高速化モジュール

DADiSP/MatrixXLはIntel社のMath Kernel Libraryを使用することで行列の計算性能を高めます。3倍から50倍の計算速度の向上が得られています。 MKL Libraryは行列計算に対して、LAPACK(線形代数を扱うパッケージ)を基に最適な処理を提供します。アルゴリズムはIntelプロセッサに同調し飛躍的な処理性能を提供します。行列関数や操作は処理計算が加速することでより効果的な性能を達成します。

主な機能

  • 簡単なインストール方法と実行
  • 従来の3倍から50倍までの計算速度向上
  • Intelプロセッサに最適なパフォーマンス
  • マルチコアにおけるマルチスレッドのより速い処理
  • 解析に関わるいかなる行列計算も高速化を実現

DADiSP / MatrixXL 詳細説明

  • 行列演算高速化モジュール

    行列には信号処理、医療、地球物理、音響、統計、画像処理を含む広い分野での応用の基となる数値が配列されています。 行列を使用することで、連立方程式の解を探したり、数値最適化や線形変換を求めたりすることが可能です。行列の単純な因数分解により、大規模な行列問題でも効果的に処理することが可能です。

  • LAPACKライブラリ

    LAPACK(線形代数パッケージ)は数値線形代数を扱うソフトウェアライブラリであり、連立一次方程式、線形最小二乗固有値問題、特異値分解といった業界において標準的なルーティンを提供しています。さらに、QR分解、LU分解、コレスキー分解、シュール分解を代表とする行列の因数分解を計算するルーティンも含まれています。

    opmd027_matxlbar.jpg
  • 処理同調性能

    MatrixXL モジュールはMKLライブラリ(Intel社)由来のLAPACKに基づいているため、Intelプロセッサに対して優れたパフォーマンスを示します。最新の命令セット、並列処理、アルゴリズムを用い高い機能性を持たせています。速度パフォーマンスは3倍から50倍までの向上が得られています。

  • 簡単な導入

    MatrixXLは自動かつ簡単にモジュールと行列関数のインストール作業が行えます。行列計算の繰り返し作業やカスタマイズ及び組み込み関数による行列計算の場合でも、全く同じパフォーマンスで計算を行なう事ができます。データ解析に基づくいかなる行列もごく簡単に高速化させることが可能です。

  • 動作環境

    DADiSP/MatrixXLモジュールの使用には、DADiSP 6.5 B04以上の動作環境が必要です。アップデートのご相談は弊社までご連絡下さい。

DADiSP / MatrixXLの関数

MatrixXL は行列演算処理を自動で高速化するモジュールです。優れた高速化が実現した行列演算を利用するビルトインおよびカスタマイズされたものです。以下のリストは、DADiSPから提供される関数で、MatrixXLモジュールに由来する有用なものです。

 

行列演算と関数

*^ 行列乗算
^^ 行列べき乗
\^ 行列解
balance 平衡条件をもつ固有値
chol コレスキー分解
crossprod 外積, a’ *^ b
det 行列式
eig 固有値と固有ベクトル
hess ヘッセンベルク行列
inv 逆行列
linfit 一般化最小二乗カーブフィッティング
lu LU分解
polyfit 多項式カーブフィッティング
qr QR分解
schur シュール分解
svd 特異値分解