サイト内検索

DADiSP/Octave

octave-collage-lg.jpg

オクターブ解析モジュール

DADiSP オクターブ解析モジュールは、広範なアプリケーション分野での音響解析に適用できる1/1オクターブ、1/3オクターブおよび1/Nオクターブ解析のオプションモジュールです。
DADiSP オクターブ解析モジュールは、ANSI S1.11およびIEC1260規格に適合するIIRディジタルフィルタを使用して1/Nオクターブ解析を行ないます。入力データには、A、BおよびCの重みフィルタを適用することができます。出力結果は、平均電力、最大電力、最小電力および重み無しのRMS値です。出力は、校正値で正規化することができます。結果は、対数および線形の軸上にプロットできます。また表示する周波数範囲は、規定のものと、任意に設定したものでプロットすることができます。全ての設定パラメータは、分か
りやすいダイアログ・ボックスによって指定することができます。

主な特徴

  • シンプルなダイアログボックス ユーザインターフェース
  • 厳密なIIRディジタルフィルタの実現
  • ANSI S1.11およびIEC 1260規格に適合
  • A、BおよびCの周波数重みフィルタ
  • 全てのオクターブ周波数間隔
  • (1/N)オクターブ周波数間隔
  • 規定のものと、任意に設定した周波数範囲
  • ISOバンド番号による中心周波数の設定
  • ユーザ定義の中心周波数の設定
  • バンドごとの平均、最大、最小またはRMS電力の出力
  • バーとステップのプロットを含む複合的グラフィックのサポート

機能詳細

  • 1/Nオクターブ解析モジュール

    オクターブ解析は、多数のバンドパスフィルタの集 合体を通過させた後の信号の周波数特性を表示しま す。各フィルタの中心周波数は、前のフィルタの中 心周波数の2 倍です。各フィルタは、それぞれ、前 のバンドより2 倍広く、次のバンドの半分の帯域幅 をカバーします。1 オクターブは、周波数の2 倍に 相当します。

    octave-method02.gif

    この比例する帯域幅の特性は、ログスケールで周波 数情報を分割し、様々なシステムの解析に非常に役 に立ちます。例えば、人間の雑音と振動に対する反 応は、かなり非線形であり、また、多くの機械的な システムは、比例帯域幅の解析に最も適した様な動 作をします。

    opmd010_filt02_wklg.jpg
  • 比例帯域幅のオクターブフィルタ

    オクターブフィルタは、標準FFTスペクトル解析と 異なり、比例帯域幅を持ちます。バンドパスフィ ルタの低い方と高い方のカットオフ周波数をflとfh とすると、中心周波数(fc)は、次のように決定する ことができます。

  • 1/Nオクターブ解析

    より大きな分解能を得るには、周波数範囲は、オクタ ーブの分割数の比例帯域幅で分割されます。 例えば、 1/3オクターブ解析では、 1オクターブ当たり3つの バンドパスフィルタがあり、各フィルタの中心周波数 が前の中心周波数の21/3 となっています。

    octave-method02.gif

    一般に、1/Nオクターブ解析については、1オクターブ 当たりN個のバンドパスフィルタがあります。

    octave-method03.gif

     

    octave-method04.gif

    octave-chicken-lg.gif
  • デジタル バンドパスフィルタの手法

    DADiSPオクターブ解析モジュールは、ANSI S1.11およびIEC 1260規格に適合する厳密な IIRディジタルフィルタを使用して、1/Nオクターブ解析を行ないます。 各バンドフィルタは、それぞれANSI S1.11およびIEC 1260規格に合致した 設計となっています。それは、オリジナルのアナログ伝達関数を双一次変換によってデジタル・ドメイ ンに変換することにより実現しています。 フィル タ次数は、指定することができます。 また、周波数比は、2進法あるいは十進法で計算されます。

    octave-menus-lg.gif
  • 標準およびカスタムの中心周波数

    標準のオクターブ解析の中心周波数は、ISOバンド 番号の範囲によって指定されます。 また、ユーザー アプリケーションのためのユーザ定義の中心周波 数は、周波数範囲かリストによって指定されます。

  • 入力と出力の設定

    入力データには、A、B、およびC の重みフィル タを利用することができます。 出力結果は、平均 電力、最大電力、最小電力、重み無しRMS 値が 含まれます。 出力は、校正値で正規化することが できます。結果は、対数および線形の軸上にプロ ットできます。 また表示する周波数範囲は、規定 のものと、任意に設定したものでプロットするこ とができます。 出力は、バー、ステップおよびラ イン・プロット等の種々のプロットスタイルで表 示することができます。

  • 動作条件

    DADiSPオクターブ解析モジュールは、DADiSP 6.0 B17 あるいはそれ以上のバージョンで動作します。 詳細は、弊社にご連絡下さい。

オクターブ解析モジュールの関数

DADiSP オクターブ解析モジュールは、1/N オクターブ解析を 行なうためのシンプルなスタンド・アロンの関数を含んでいます。

FIRフィルター関数

octnband 標準ISO規格バンドによる1/Nオクターブ解析
octnbank 周波数範囲の指定による1/Nオクターブ解析
octfbank 特定の周波数リストの指定による
1/Nオクターブ分析
adsgn A特性フィルタの設計
aweight A特性フィルタでデータを処理
bdsgn B特性フィルタの設計
bweight B特性フィルタでデータを処理
cdsgn C特性フィルタの設計
cweight C特性フィルタでデータを処理
octndsgn 1/Nオクターブ バンドパスフィルタの設計
octnfilt 一連の周波数での1/Nオクターブフィルタ