サイト内検索

DADiSP/PNRF 1.0

opmd128_pnrf1lg.jpg

HBM(R) PNRFインポートモジュール

DADiSP/PNRFはダイアログベースのモジュールで、HBM社のPerception Native Recording File formatに保存されたデータファイルを読み込むことができます。PNRFファイルはサイズやチャネル数によらず対象となります。PNRFファイルに保存されたデータチャネルをインポートし、元のサンプリングレートや単位に即して処理します。

主な機能

  • 簡単なユーザーインターフェース
  • PNRF, NRF, LRFファイルをすぐにインポート
  • サイズによらないファイルの読み込み
  • 大きなサイズのファイルを高速で読み込む
  • 元のデータチャネル特性を保持
  • インポートしたチャネルを自動で可視化表示

機能詳細

  • Perception Native Recording File

    HBM Perception Native Recording File(PNRF)は、バイナリ形式を用いて様々なデータ取得方式によって作製されたデータの複数チャネルを蓄えることができます。ファイルのフォーマットは、複数のチャネルで作製されたデータを効率よく保存できるように設計されています。

    opmd128_pnrflg.jpg
  • PNRFのインポート

    HBM Perception Native Recording File(PNRF)は、PNRFデータファイルをインポートし自動的にスケール調整を行います。また、サンプリングレートの設定と各チャネルへの単位情報の設定も行います。インポートされたチャネルは個々に複数のウィンドウか、まとめて一つのウィンドウに読み込まれます。

  • 複数のファイル形式への対応

    単一または複数のチャネルを含むPNRF、NRF、LRFファイルが対応し、最適化された バッファ付きI/Oによって大きなファイルでも効率よく読み込むことができます。

  • 簡単なメニューインターフェース

    DADiSP/PNRFはDADiSPのワークシートを用いて動作し、ボタン操作でアクセスします。PNRFユーザーインターフェースは重要なファイル情報を表示し、自動的に元のPNRFチャネルの値を適切にスケール処理されたエンジニアリングデータにフォーマットします。個々のチャネルを選択することができ、チャネル名と日付/時間の情報はそのまま引き継がれます。

  • 完全な解析システム

    DADiSPでは、PNRF データを使用した完璧な解析、表示、処理環境をサポートします。 DADiSP/PNRFをDADiSPに取り入れることで、SPL、マクロ、コマンドファイルを通してデータインポートおよび解析アプリケーションを自動化して使用することが可能になります。

  • 動作環境

    DADiSP/PNRFモジュールの使用には、DADiSP 6.5 B05以上の動作環境が必要です。アップデートのご相談は弊社までご連絡下さい。

DADiSP/PNRF 関数

DADiSP/PNRF は完全なダイアログベースのモジュールです。下記の関数はスタンドアローンで動作し、PNRFファイルを読み込むことができます。

 

PNRF関数

readpnrf

PNRF、NRF、LRFファイルを読み込みます。

rpnrfgui     PNRF GUIを呼び出します。