サイト内検索

DADiSP/Rainflow

opmd040_Rainflow01_lg.jpg

レインフロー解析 モジュール

レインフローモジュールは、応力-歪応答のヒステリシスループを計算します。アメリカ自動車技術協会(SAE、Society of Automotive Engineers)発行の疲労設計ハンドブック (Fatigue Design Handbook) よる“RAINCUT”のサブルーチンをFORTRAN から C 言語に移植したものです。
ユーザーは、ヒステリシスのあり、なしのそれぞれのレンジ、平均値、サイクル数、最大・最小値を計算し、また3Dバーグラフを表示できます。
サイクルカウントは、金属疲労などの疲労解析に使用される手法です。ユーザーは、パラメーターを使用し、対象の時刻歴に一致した範囲を解析できます。
ヒストグラムは、デフォルトでの区分け幅設定の他、開始点の設定、ユーザー定義の区分け幅の設定が可能です。また、2次元時間率法XYシリーズのヒストグラムが表示できます。

主な特徴

  • レインフロー法
  • サイクルカウント法
  • レベル-クロッシング法
  • l ピークカウント法
  • レンジのカウント
  • 2次元時間率法

DADiSP/SRSの関数

レインフロー解析モジュールの関数

関数の要約を以下に示します。

Rainflow関数

prainflow レインフロー解析の実行
phrainflow 入力シリーズにヒステリシスを適用して
レインフロー解析を実行
rainflow 入力シリーズのピークとバレーからレインフローを計算
rflow_range レンジをレインフローテーブルから抽出
rflow_mean 平均値をレインフローテーブルから抽出
rflow_cycles サイクルカウントをレインフローテーブルから抽出
rflow_3dbar レインフローテーブルを3Dバーグラフで表示
gpv 入力シリーズのピークとバレーをすべて返す
gpvh 入力シリーズから設定されたヒステリシスの閾値以上の
ピーク、閾値以下のバレーを返す
replace 点単位で置換処理を行う

 

サイクルカウント関数

levelct (Level Crossing Counting) 入力シリーズが指定Y値と交差する点をカウントし、レベルとカウント数のテーブル、またはレンジのレベルとサイクルのカウント数のテーブルを返す
peakct (Peak Counting) ピークとバレーの数をカウントし、レベルとカウント数、またはレンジのレベルとサイクル数を返す
simprang (Simple range counting) レンジのカウントを行い、レンジとサイクルのカウント数のテーブルを返す

 

サイクルカウント関数

histgram 入力シリーズのヒストグラムを作成
xyhist XYデータの2次元ヒストグラムを作成