サイト内検索

DADiSP/Real-Time

DADiSP/Real-Time 汎用リアルタイム解析モジュール

概要

  • DADiSP/Real-Timeモジュールは、オクターブ解析、FFT解析、フィルタ処理、ウェーブレット解析等様々な解析をリアルタイムに表示・解析ができ、結果データの収録もできます。
  • 通常の計測器では付いていない機能や先進的なデータ解析・検証を実験現場で行ないたい場合等に大きな効果を発揮します。
  • DADiSP/Real-Timeモジュールは、DADiSPに完全に統合されており、DADiSPのワークシートの全てのウィンドウがリアルタイムに表示が可能です。そのため、DADISPのモジュールや自作のワークシートを使用して汎用リアルタイム解析が可能です。

対応計測器

ティアック株式会社製 
レコーディングユニット LX-100シリーズ対応ソフトウェア

動作環境

OS Windows2000 / XP / VISTA
CPU IntelPentium、AMDAthlonベースプロセッサ (Pentium2以上推奨)
Memory 256MB以上 (1GB以上推奨)
HDD 8MB以上
接続 Ethernet または IEEE1394接続

※LX-100シリーズの詳細仕様は、別途カタログをご参照下さい。

収録

  • データは全てのパソコンのハードディスクに保存します。
  • LXシリーズに対応する測定条件をダイレクトにコントロールします。

解析

  • かゆい所に手が届くリアルタイム解析
  • ウェーブレット解析、オクターブ解析、レインフロー解析、フィルタ処理等DADiSPモジュールを使って多彩な解析が可能です。

導入例

  • 自動車、鉄道の車載でのリアルタイムデータ収録
  • 騒音、異音等のリアルタイムオクターブ解析
  • 橋の振動データのリアルタイム収録・解析