サイト内検索

DADiSP/SIF 1.0

SoMat(R) 情報ファイルインポートモジュール

DADiSP/SIFは、SoMat情報ファイルをインポートするためのモジュールです。(SoMatは、HBM, Incの登録商標です。)SIFのファイルサイズやチャンネル数には制限がありません。 様々なSoMatデータの取得が行えるように設計されており、インポート時にはSIFファイルとして保存されているチャンネル数を読み込み、個々のサンプリングレートや工学単位を自動的に適用します。

特徴と関数

特徴

  • 簡単なユーザーインターフェース
  • 直接的で速いインポート
  • サイズ制限なしのSIFファイル読み込み
  • 多重化、分離ファイルフォーマット対応
  • 元データチャンネルの保存
  • インポートチャンネルの任意な自動表示
  • SoMat 情報ファイル

    SoMat情報ファイルやSIFフォーマットには、SoMat 2500, eDAQその他SoMatデータ取得システムによって構築されたデータの複数チャネルが包括されています。フォーマットは、複数のSoMatデータモード由来のデータは効果的な保存に向けて設計されています。

  • SIF インポート

    DADiSP/SIFはSIFデータファイルをダイレクトにインポートし、個々のチャンネルにおいてスケール調整、サンプリングレートや工学単位などの情報を適用します。複数データの実行はDADiSPのデータセットとして個々に保存されます。また、インポートされたチャンネルは各ウィンドウに分割されたり、一つのウィンドウに結合されたりして表示されます。

  • SIF フォーマット

    多重化または分離されたフォーマットは、タイムヒストリーやレインフローのデータチャンネルに対応しています。下記のデータモードが現在インポートすることが可能です

     

    ・分割したRAM THISTORY (SIF keyword 1, 7)

    ・分割したRAM RAINFLOW (SIF keyword 4)

    ・分割したRAM TAL (SIF keyword 6)

    ・フレーム多重化したRAM THISTORY_RMFDA (SIF keyword 201)

  • 簡単なメニューインターフェース

    DADiSP/SIFはDADiSPワークシートを用いて実行されます。SIFユーザーインターフェースは重要なファイル情報を表示し、SIFチャンネルの名前を適当なDADiSPの名前にフォーマットします。

  • 完全な解析系

    DADiSPはSIFデータを用いて完全な解析、表示、処理環境を提供します。また、SPL、マクロそしてコマンドファイルを駆使することでデータインポートや解析アプリケーションを完全に自動化します。

  • 動作環境

    DADiSP/SIFはDADiSP 6.5 B01以上のバージョンを必要とします。バージョンアップ等のご相談は弊社までお問い合わせ下さい。

  • SIF関数

    DADiSP/SIFは完全なダイアログ式のモジュールです。しかし以下の関数は、SIFファイルを読み込むためにスタンドアローン上で使用することが可能です。

    sifimport SIF ファイルを一つまたは複数のデータセットとしてインポート。
    sifinfo SIF     ファイルに関する情報を返す。