サイト内検索

DADiSP / UFF 3.0

opmd129_uffstriplg.jpg

Universal File Format Module

DADiSP/UFFモジュールはダイアログベースのモジュールで、Universal File format (UFF) データの読み込みと保存ができ、ファイルサイズやチャネル数によらず対象となります。

DADiSP/UFFモジュールはASCII UFF Type 58 や Binary Type 58bファイルにより保存されたすべてのチャネルをインポートすることができ、必要なサンプリングレートや単位を自動的に割り振ります。さらに、単一または複数のシリーズをUFF Type 58および58bファイルへエクスポートすることも可能です。

主な機能

  • 簡単なユーザーインターフェース
  • UFFファイルをすぐにインポート
  • サイズによらないファイルの読み込み
  • ASCII UFF Type 58とBinary Type 58bフォーマット形式に対応
  • インポートしたチャネルを自動で可視化表示
  • 複数のシリーズをUFF Type 58および58bファイルへエクスポート

新規特徴

DADiSP / UFF 3.0モジュールでは、一つまたは複数のデータシリーズをASCII Type 58とバイナリ形式のType 58bフォーマットでエクスポートします。新しいシリーズは既存のUFFフォーマットに追加される形になり、元のインターバルやXYシリーズが保存されます。実数と虚数のデータは32ビット(単精度)または64ビット(倍精度)のUFFフォーマットに対応します。 さらに、UFFのインポートはASCII形式とバイナリ形式の両方に最適化されています。大きなUFFファイルも10倍の処理速度を保ちます。

DADiSP / UFF 3.0モジュール

DADiSP / UFF 3.0

  • 複数のシリーズをASCII Type 58とバイナリ形式のType 58bのUFFフォーマットでエクスポートします。
  • 実数または虚数表示のインターバルやXYシリーズを保存します。
  • 32ビットと64ビットのUFFフォーマットに対応します。
  • ASCIIまたはバイナリ形式の大きなデータも最適化してインポートします。

機能詳細

  • Universal File Format

    Universal File format (UFF)は、1960年代後半から1970年代前半にStructural Dynamics Research Corporation (SDRC)で開発されました。開発理由は、コンピュータ支援設計(CAD)とコンピュータ支援検査(CAT)の間でのデータの受け渡しを容易にすることです。 UFFファイルはマルチなフォーマットで構成されており、各フォーマットは80の文字(FORTRAN card image)のASCIIコードで指定され、各UFFフォーマットは分離記号によって固有の順序で並びます。

    データの中の設定は一つのUFFファイルに保存されます。各設定の開始は”-1”で示され、右詰め、1~6列になります。次のラインはユニバーサルデータセット数/タイプを示し、 各タイプは与えられたヘッダー情報とデータのフォーマットをもつのでそれぞれ異なります。

    opmd129_ufffilelg.jpg
  • UFF Type 58

    最も一般的に使用されているフォーマットは、UFF Type 58またはNodal DOFの関数です。UFF Type 58はダイナミックな試験データのために設計されたものでDADiSP/UFFモジュールに対応しています。さらに、バイナリ形式のUFF Type 58bフォーマットにも対応しているため、バイナリ形式によるデータの保存が可能です。

  • UFFインポート

    DADiSP/UFFモジュールはUFF Type 58やType 58bのデータファイルをインポートし、自動的にサンプリングレート、オフセット、単位を各チャネルに設定します。複数のデータは、DADiSPの個別のデータシートに保存されます。インポートされたチャネルは個別のウィンドウへ読み込まれ、一つのウィンドウへ統合されます。

    opmd129_uffrlg.jpg
  • UFF エクスポートシリーズ

    DADiSP/UFFモジュールは、一つまたは複数のDADiSPシリーズをASCII Type 58とバイナリ形式のType 58bのフォーマットに保存します。新しいシリーズは既存のUFFファイルに追加されます。

    opmd129_uffslg.jpg
  • UFFデータフォーマット

    Type 58とType 58bのインターバルとXYシリーズデータがインポートまたはエクスポートできます。実数と虚数データは両方とも、32ビット(単精度)または64ビット(倍精度)のUFFフォーマットに対応します。

  • 簡単なメニューインタフェース

    DADiSP/UFFモジュールは、DADiSPのワークシートを用いて動作し、ボタン操作でアクセスします。UFFユーザーインターフェースは重要なファイル情報を表示し、自動的にUFFチャネル名を適切なDADiSPシリーズ名にします。

  • 完全な解析システム

    DADiSPは、UFFデータを使用した完璧な解析、表示、処理環境をサポートします。 DADiSP/UFFモジュールをDADiSPに取り入れることで、SPL、マクロ、コマンドファイルを通してデータインポートおよび解析アプリケーションを自動化して使用することが可能になります。

  • 動作環境

    DADiSP/PNRFモジュールの使用には、DADiSP 6.5 B04以上の動作環境が必要です。アップデートのご相談は弊社までご連絡下さい。

DADiSP/UFF 関数

DADiSP/UFF は完全なダイアログベースのモジュールです。下記の関数はスタンドアローンで動作し、UFFファイルをインポートまたはエクスポートすることができます。

 

PNRF関数

uffexport 一つまたは複数のシリーズをUFFファイルとしてエクスポートします。
uffimport 一つまたは複数のデータセットにUFFファイルをインポートします。