サイト内検索

DADiSP / VectorXL

opmd028_vecxlwslg.jpg

ベクトル演算高速化モジュール

DADiSP/VectorXLはIntel社のMath Kernel Libraryを使用することでベクトル演算の計算性能を高めます。従来に比べ、20%から60%の計算速度の向上が得られています。
MKL Libraryはベクトル演算に対して、VML(ベクトル数学ライブラリ)を基に最適な処理を提供します。アルゴリズムはIntelプロセッサに同調し飛躍的な処理性能を提供します。DADiSP/VectorXLは簡単にインストールでき、対応したベクトル数学関数の計算速度を効果的に向上させます。

主な機能

  • 簡単なインストール方法と実行
  • 従来の20%から60%の計算速度向上
  • Intelプロセッサに最適なパフォーマンス
  • マルチコアにおけるマルチスレッドのより速い処理
  • いかなるベクトル演算に基づく解析の高速化を実現

DADiSP / VectorXL 詳細説明

  • ベクトル演算高速化モジュール

    ベクトルやデータシリーズは、信号処理、医学、地学、音響、統計などの多くの技術的なデータ解析において重要です。
    ベクトル演算では、四則演算のみならず三角関数、双曲線関数、指数関数といった高度な処理にも対応しており、これらは多くの解析において主要な数学関数といえます。

  • VMLライブラリ

    VML, ベクトル数学ライブラリはMKLライブラリ(Intel社)を基にした最適なベクトル演算関数を展開しています。DADiSP/VectorXLモジュールは自動的にVMLの最新の命令セット、並列処理、アルゴリズムを採用し、Intelプロセッサ上で高い性能を発揮できるように構成されています。その結果、標準のベクトル数学関数での計算に比べ20%から60%の処理速度が向上しています。

    opmd028_vecxlbar.jpg
  • 使用に際して

    DADiSP/VectorXLモジュールは自動かつ簡単にインストールでき、変更のための設定やコードの書き直しなどが不要です。中心となる数値処理のルーティンやベクトル演算を用いたカスタマイズまたはビルトインの関数処理性能が向上します。
    DADiSP/VectorXLモジュールはベクトル演算に基づくいかなる計算も加速し、DADiSP/FFTXLモジュールやDADiSP/MatrixXLモジュールを完璧に補うものとなります。3つのモジュールを組み合わせたDADiSP/ProPacモジュールは、今日の技術的なデータ解析ルーティンにおいて最も有効な数値解析ツールといえます。

  • 動作環境

    DADiSP/VectorXLモジュールの使用には、DADiSP 6.5 B05以上の動作環境が必要です。アップデートのご相談は弊社までご連絡下さい。

DADiSP / VectorXLの関数

DADiSP/VectorXL はベクトル演算処理を自動で高速化するモジュールであり、ビルトインルーティン処理およびカスタマイズされたものです。以下のリストは、DADiSPが提供する関数で、DADiSP/VectorXLモジュールで使用することができます。

 

行列演算と関数

+ ベクトル加算
- ベクトル減算
* ベクトル乗算
/ ベクトル除算
^ ベクトルべき乗
acos 逆余弦関数
acosh 逆双曲線余弦関数
asin 逆正弦関数
asinh 逆双曲線正弦関数
atan 逆正接関数
atanh 逆双曲線正接関数
cos 余弦関数
cosh 双曲線余弦関数
sin 正弦関数
sinh 双曲線正弦関数
tan 正接関数
tanh 双曲線正接関数
abs 絶対値
ceil 切り上げ
exp 指数関数
floor 切り捨て
log 自然対数
log10 常用対数
sqrt 平方根